酵素の種類【2つの酵素の関係】

みなさん酵素と聞くとほとんどの方が「消化酵素」と思いつくかと思います。しかし酵素は食べた物の消化吸収を助けるだけでなく、息をしたり、筋肉を動かしたりと生きていくために欠かせないものです。

 

また体内で作られている酵素は大きく分けて「消化酵素」と「代謝酵素」の2つがあります。

消化酵素とは

消化酵素とは文字の通り、私たちが食べた物を体が吸収しやすいように消化するためのもの。

 

消化酵素で、一番最初に学校で習うのはアミラーゼです。ご飯などのデンプンを麦芽糖やグルコースに分解します。この消化酵素は唾液の中に含まれています。胃の中では、タンパク質を分解する酵素が働きます。

 

タンパク質は、胃酸でおおまかに分解されたのち、十二指腸に分泌される膵液でペプチドを経てアミノ酸まで分解されます。タンパク質を分解する胃酸には、ペプシンしいう消化酵素が含まれており、ペプトンという物質におおまかに分解されます。

 

そして膵臓で、トリプシン、キモトリプシン、エラスターゼによりペプトンからペプチドにまで分解されます。トリプシンは塩基性アミノ酸残基に、キモトリプシンは芳香族環を持つアミノ酸残基に、ラエスターゼは脂肪族アミノ酸残基にそれぞれ働きます。

 

生成したペプチドは、同じく膵液中の、そして腸液中のカルボキシペプチダーゼAによりアミノ酸に分解されます。生物学的に言う体内に取り込まれた後は、代謝酵素により代謝されます。

 

脂肪酸について

 

脂肪酸については、胃酸中のキモシンという消化酵素で分解されトリグリセライドになります。その後、膵液や胃液に含まれるリパーゼによりトリグリセライドと脂肪酸に分解されます。ここまでは、中学校の理科や高校の生物の教科書に出てきます。

 

なかなか覚えられないのですが、炭水化物は、グリコシド結合を切断することにより単糖類に、タンパク質は、アミド結合を切断することによりアミノ酸に分解されます。グリセリンに長い炭素鎖を持つ脂肪酸が3つエステル結合した脂質は、主にこのエステル結合が分解されます。

 

代謝酵素とは

人の健康に関わる酵素の中で「代謝酵素」はありとあらゆる生命活動を司っており、体内の至る器官や組織に、それぞれ独自の働きをする酵素が存在しています。

 

エネルギーを細胞に届けて運動や呼吸に活用したり、たんぱく質を合成して肌の新陳代謝を促したり、あるいはホルモンや神経伝達物質を正常に働かせるのは、すべて代謝酵素の役割です。

 

代謝酵素とは消化酵素によって吸収したものを体の中で働かせるもの。その主な働きをあげると、

  • @たんぱく質を合成し、新陳代謝を促進させる
  • A免疫力を高めて自然治癒力を向上させる
  • B解毒や抗酸化作用で体内の毒素を排泄させ、病気や感染症から身を守る
  • Cホルモンの合成や神経の働きに作用し、体の調子を整える
  • D体の脂肪を分解し、全身に行き渡らせる

などが挙げられます。食事をとった後に消化されたエネルギーは、体の隅々に行き渡り、代謝酵素によって上記の5つに代表されるような生命活動の維持に使われます。肌の新陳代謝を促し、美しさを保つのも代謝酵素の効果だと言えます。

 

ただし、代謝酵素は加齢に伴って徐々に不足していきますので、アンチエイジングのためには、なるべく消化に負担のないお粥やフルーツを摂取したり、ものをよく噛んで食べて胃腸に負担をかけない食生活が必要になります。

 

消化に負担がかからなければ、代謝酵素の働きも活発になりますから、私たちの体もより健康に保たれると言うわけです。酵素の働きを知って、酵素と上手に付き合っていくことが、長く健康を保つための鍵と言えますね。

 

生酵素222の口コミを調べ、ランキング1位にもなった理由について徹底調査。

実際に試された方の生の声や、酵素とはなにか?

酵素の基本から、特長や非加熱発酵のメリット、美容効果までご紹介しています。