ダイエット停滞期におすすめの方法

それまで順調に減っていた体重が、急に減らなくなったら、停滞期の開始を意味します。停滞期は誰にでもあるものですが、中には減らない体重のことを気にし過ぎて、途中であきらめてしまうケースもあります。

 

ダイエットの停滞期におすすめの方法として、食品でダイエットをサポートしてもらうと、より効果的に減量することができます。

ダイエット食品

ダイエットを効率的にサポートするためにどんなダイエット食品があるか、調べてみるといいでしょう。こんにゃくは良く知られている低カロリーの食材で、ダイエットにも効果的な食品の代表格です。

 

こんにゃくは、低カロリーの割にはボリュームがあって食べごたえがあり、食物繊維が豊富で腸内環境を整えます。ダイエットの停滞期に入っている体に、食物繊維を補給して腸の活動を助け、代謝をよくする効果は魅力的です。

チアシード

話題になっている食品としてはチアシードもあります。チアシードはダイエットをサポートする食品として注目されている最大の点は、水分を含むと10倍に膨らむことです。

 

チアシードは水を吸うと大きくなってくれますので、ダイエット中に食べれば、ほどよい満腹感で食事を済ませることができます。

 

体内で作ることのできないアミノ酸は食品が摂取する必要がありものですが、チアシードには必須アミノ酸が豊富に含まれています。

 

アミノ酸は、ダイエット効果を促進するだけでなく、健康を保つために必要な栄養素であることも、重視していくようにしましょう。

ダイエットでストレスを感じたら休憩

私は25歳くらいから体重が増え続けて67キロになってしまいました。ジーパンもゴムのをはくようになりました。

 

ストレスが溜まると美味しいものを食べに出掛けるのが唯一の発散で、彼氏とよく食べ歩きをしていました。私は彼の倍食べるので彼も少し目についたみたいで、「最近食べすぎだよ」と言われたのが ショックで帰ってから鏡を見ると女らしくない体型がうつるのを見て更にショックをうけました。

 

私の太った原因はストレスだと自分で分かっていたので、ストレスを感じにくい方法で長い目でダイエットをしようと決心。

 

食べたい時は少し量を減らしてから食べて、運動も毎日続けるやり方は自分には向いていな いので太く短くをモットーに頑張ってみました。やる気がある時はとことん運動をするようにして、食べるのは決して我慢しません。

 

気が向いて運動をがむしゃらにやった翌日はお腹まわりもへこんできたのがわかり、このいい気持ちのままこのやり方を1年続けたら64キロまで落とすことができました。

 

ストレスだと感じたら無理をしないのが大事なんだなと感じました。皆さんも、無理してダイエットするとすぐにリバウンドすることが多いので、ゴールを決めたら無理せず徐々に体重を落とすことを考えてみてね。